ϺΥ֥

イデオンに学ぶ「人生」 第34話『流星おちる果て』

2014/11/07

おはようございます。

 

今日は11月7日。牡牛座の満月ですね。

牡牛座は女性性、固定宮、土のエレメンツ。

五感の象徴。 美しいもの、美味しいものをゆったりと楽しめる気分の素敵な日です。

 

午後はマツダミヒロさんの「新月と満月の魔法の質問カード講座」に参加。

その後、來夢先生の「ソーラーリターンで読む! 2015年のテーマ」講座。

そして夜は経営アストロロジー協会忘年会です。

 

パワフルな皆さんから満月のエネルギー浴びてきますね。

 

今朝の早朝アニメ視聴は伝説巨神イデオン第34話『流星おちる果て』。

作画レベル、シナリオ、ともに屈指のハイレベルの回です。

2014-11-01 08.57.35

主人公たちはバッフクランのハンニバル司令の策略で、

巨大原生動物ドウモウが生息する星に追い込まれます。

2014-11-04 06.59.37 2014-11-04 07.00.06 2014-11-04 07.00.22

イデオンを動かす集合意識エネルギーは、人のエゴを嫌い

純粋な子どもや動物の防衛本能に反応する存在。

2014-11-04 06.57.20 2014-11-04 07.01.23 2014-11-04 07.02.15 HDR

コスモやギジェはドウモウを巻き込まないようにしたいが

バッフクランはそれを利用してイデオンを追い込む。

2014-11-04 07.13.192014-11-04 07.07.48 2014-11-04 07.08.58

ドウモウが断末魔をあげる時、

イデオンはコントロール不能となり膨大なエネルギーを放出。

バッフクランを一瞬で全滅させます。

 2014-11-04 07.09.212014-11-04 07.10.36 2014-11-04 07.12.50

そのエネルギーは巨大な流星を発生させる。

流星はバッフクランとコスモたちの両方の地球に降り注ぎ

人々の命=意思を奪っていく。

 2014-11-04 07.54.37 2014-11-04 07.55.002014-11-04 06.55.22

人が作り出した巨大なエネルギーが、人々に生き方を問いかける。

それは石炭、石油、原子力と同じですね。

 

石炭は炭鉱の事故で大量の人の命を奪ってきました。

石油は利権争いでいくつもの戦争を引き起こしてきました。

いずれも地球温暖化を促進すると言われます。

そして原子力は。。。

 

かつてベストセラーになった『エントロピーの法則』。

jpeg

石油やウランなどの化石燃料を基盤とした文明の限界を描きます。

 

その中では再生可能エネルギーとして太陽光発電に未来を見ます。

しかし太陽光発電は集約するのに莫大なコストがかかる。

太陽光発電を基盤とするためには、 都市集約型の文明から地方分散型へ移行しなければならない。

 

生き方を変えるか、死滅するか。

それが問われていると書かれていました。

 

イデオンはこの本の10年前に放映されたアニメです。

しかし同じテーマを描いているように思えます。

 

富野監督は敵将のドバ・アジバの口を借りて語ります。

 

生き方を変えるとは、人としての業に抗うことだ。

血へのこだわり、名誉、資産、権力の追求。

人とは最後までそれを捨てることができない存在である。

 

イデオンではそれに抗おうとする人の努力を描きます。

人としての業を知りながら、より善きものたろうとする。

その意思は受け継がれることを信じて、生きて、 全ての人が死んでいきます。

 

このアニメから35年が経ちました。

 

温暖化、エボラ熱、エネルギー問題など

地球規模で協力し合わなければならないのに

世界中の国々の対立は、1980年代とは比べようもないほど激しくなっています。

 

今はイデオンの世なのかもしれません。

 

<今日の学び>

生き方を変えたら自分で無くなるのか?

世の中が滅んだら自分も無くなるのではないか?

 

『伝説巨神イデオン』(c)東急エージェンシー・サンライズ