ϺΥ֥

ムンク展でたまいちの叫び

2019年1月10日

こんにちは。玉川一郎です。平成31年1月10日の木曜日。雲ひとつない快晴ですが冷え込みが厳しいです。

今日は東京都美術館で開催されている「ムンク展」に行ってきました。ずっと前に前売り券は買ってあったのですが、なかなか行けず、いよいよあと10日で終了。やばい!ということでようやく重い腰を上げました。

ムンク展は昨年末のBS日テレ「ぶらぶら美術・博物館」で特集がされていて、録画したのを今朝見て予習しました。

 

上野公園に入ってみるとすごい人出。その多くが東京都美術館に向かっていきます。会場内も混雑していて、入口付近は人が動かないです。

テレビで予習していたおかげで、見どころがわかっていたので、順番を飛ばしで先にそちらに回ります。それから戻って軽く残りを見る感じで行ったら効率よく回れました。

 

行く前にムンクのホロスコープをチェックしていきました。

射手座に太陽があります。自由な方向性を示します。彼の絵を見ると時期によってまったく画風が変わっていきます。次々に実験していくあたりはさすが射手座太陽です。

さそり座に金星、火星、木星があります。彼が女性を恐れ、結婚を拒んだこと。壮年期まで生と死を一貫して見つめてきたこと。1つのモチーフにこだわり、何度も同じ絵を描いていることなど、はここと符号します。

土星にてんびん座があります。若いうちは人間関係に悩まされておどろおどろしい絵が多かったのが、老年期になるとすっきりしたバランスの良い絵が目立つようになったのは、この辺りから伺われます。

双子座に天王星があります。貪欲に周囲の出来事、自分の不倫や、そのトラブル、入院すらも絵のモチーフとして取り込み、発信していったのは双子座の情報発信力でしょうか。

牡牛座に冥王星があります。美的感覚が独特で、最初の個展が1週間で終わったこと、それをも自分の個性と考えて揺るがないのはここから来るのでしょう。

もちろんこれは趣味というか、思考実験です。でも人生のダイナミズムを感じさせられた気がしました。

 

今回は100点もムンクの絵が来日し、すべての展示がムンクの絵。他の多くの展覧会が表題の画家の作品が少ししかなく、同時代の画家の絵がほとんどなのに比べると、ぜいたくな展覧会でした。

フェルメール、ルーベンスに比べると、ムンクはあまり関心がなかったのですが、展覧会としては一番の内容だったのではないでしょうか。

お決まりのポーズでパシャ

 


category: その他

  • 玉村一郎のプロフィール
  • セミナー講師。マインドマップ(学習法)、フォトリーディング(読書法)、フューチャーマッピング(目標実現法)、ジーニアスコード(創造的問題解決法)、アクセラメンツ(加速教授技術)などを教えています。
  • 玉村一郎のブログ
  • ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    3,950人の購読者に加わりましょう

  • 玉村一郎公式メルマガの登録はこちら