ϺΥ֥

玉川一郎Officialメールマガジン2/8号

2012/02/08

こんにちは、玉川一郎です。

今日は水瓶座の満月。「束縛のない智恵」がキーワードです。マインドマップや全脳思考、フォトリーディングにぴったり。講座を受けたけれど日ごろ使っていないな・・・という方も今日は久々にやってみたらいかがでしょう。

来週末にはマインドマップのフォローアップ講座としてマインドマップ講義録実践講座、フォトリーディング6時間再受講クラスがあります。この機会にブラッシュアップを図っていただけると嬉しいです。

※2/18(土)マインドマップ講義録実践講座
「一番難しい聞き取りマップのマスター」

※2/19(日)フォトリーディング6時間再受講クラス
「4冊読破、目標1冊15分」

 

■恒例の節分行事

毎年節分を超えてから2月中に必ず実施することがあります。それは來夢先生にタロットカードを引いてもらうことです。來夢先生オリジナルの手法で、1年間のテーマ、各月の注意事項などが出てきます。

これは予言ではなく発想の枠を拡げる作業。雨が降りそうだったら「出かけない」のではなく「傘を持って出かける」。それと同じようにチャンスや可能性への準備をするという意味で【傾向と対策】セッションといいます。

私はやり方を教えてもらって自分でも引いたりもしていましたので、先週の土曜日、フェイスブック限定のイベントで初めて受講生の皆さんに【傾向と対策】セッションをやってみました。

飲食費のみの無料でやったのですが、参加者全員を読み解く作業は大変だったな~。いつもの有料講座よりもよほど働いたような気がします(笑)

【玉川一郎パーソナル・コンサルティング】でも希望者には読み解きをさせていただきます。

その中で非常に興味深い現象が起きました。10人中8人に“DEATH”(死、死神)のカードが出たのです。これは「死と再生」、今までやってきたことの清算とそれによる新しいサイクルの始まりを意味します。

かつて神田昌典さんがこれを引いた月、のべ7千社が登録していた顧客獲得実践会を清算しました。私がこれを引いた2006年11月、父の会社を辞めてしまいました。

人生が一変するほどの大きな変化。それが8割の人に起こるというのは、なんらかの共通した環境、つまり日本全体のさらなる変化があるという示唆かもしれません。

ではどのような変化が起こるのか・・・

 

■今の日本の対極は?

歴史的にもおそらく激動の今の世界。これからどうなるかは正直言ってまるで予測できません。でも最悪どうなるのかを考えるために、今と正反対の状況を知ることが役立ちます。

先日『中国化する日本』という本をフォトリーディングしました。それによると、今の日本の原点は江戸時代にあり、それと正反対だったのが宋朝の中国だったといいます。

宋朝中国にはさまざまな特徴がありますが、その一つが「コミュニティからコネクションへの移行」。

固定化した市場経済の元では、その市場があるコミュニティに居続けることが重要です。だから既存の枠からはみ出すことを忌み嫌い、その一方で外から入ってこられないように排他的なコミュニティを作っていきます。

その最たるものが日本の鎖国であり、国内市場中心の戦後日本経済だったわけです。

これに対して売れる市場が次々に変わっている中ではコミュニティにいても干上がってしまいます。そこであらゆる地域で使える、広く浅い血縁的なコネクションが物を言っていたというのが海上シルクロードが発達した宋朝中国でした。

コミュニティというのが、顧客の囲い込み、顧客信者化という流れであり、フリーミアムによる名簿集めだったと考えてみたらどうでしょう。

それに対して血縁的なコネクションというのは、お互いを食い物にせず、本当に困ったときには損得抜きで助け合う人間のつながりです。

 

■顧客か、人間のつながりか

これからのビジネスをコミュニティビジネスと考えるのか、コネクションビジネスと考えるのか、これは大きな違いです。

コミュニティビジネスでは買ってくれた人には何度も買ってもらえる顧客になってもらうために、徹底的にフォローしていくことが必要でしょう。

コネクションビジネスでは買ってくれた人は顧客ではなく人間としてのつながりと考えます。ともに悩み、ともに遊び、あたかも友人のように、あるいは親兄弟のようにつきあっていく。そして日常は遠く離れていても本当に困ったときは手をさしのべる、というようなつながりです。

昨年末のたまいちブートキャンプを無料招待し、のみならずバッグや教材をプレゼントしたこと。

昨年末のたまいちブートキャンプ

今年初めて三千人の受講生全部に年賀状を送ったこと。

宛名印刷中の3千枚の年賀ハガキ

それはすべて、皆さんを顧客ではなく人間としてのつながりだと考えてきたからでした。

そして今気づきました。私が血縁的なコネクションを大切に思い、それを行動に移すことができたのは、昨年フィアンセができたからだったことに。

私は「運がよい」とか「ラッキーな出来事」というのは、神様が私に役目を委ねていることの証拠だと考えます。今の私に、どれほどの役割を与えられているのか、それを考えると身震いする思いがします。

■ともに人生を語り合う場として

今月のたまいちブートキャンプではスペシャルイベントとして【春夏秋冬イントロ講座】をテスト開催します。

春夏秋冬理論とは人生を12年サイクルでとらえる戦略的思考法で、神田昌典さんと來夢先生が共同開発したものです。

私は昨年、これを教えるライフロジックパートナーを1期生として取得していたのですが、マインドマップやフォトリーディングの講座が忙しくて開催する時間が取れませんでした。

今回は私の誕生日2月26日だし、フィアンセも参加するので、みなさんと一緒にこれまでの人生、今後の人生への考察を深めてみたいと思います。

【たまいちブートキャンプ】

フォトリーディングやマインドマップは、受講したときは「がんばろう」と決意するのですが、いつの間にかやらなくなってしまいがちです。

そこで月に一度集まって、フォトリーディングやマインドマップで読書会をやろうというのが、たまいちブートキャンプ(玉川受講生勉強会)です。

私の講座の受講生であれば、フォトリーディングだけ、マインドマップだけ、全脳思考だけ、の受講生も参加大歓迎!初めての方でもとっても馴染みやすい暖かい会なので心配入りません。

たまいちブートキャンプでは、読書会だけでなく、毎月さまざまな講座のトライアル体験と、私玉川一郎が「今考えていること」を講演しています。

・時間:12時~18時
・会費:5500円
・会場:カメリアプラザ9階ビジネスホール
・終了後、懇親会を開催します。(参加費3千円位)

○2月度:2/26(日)
テーマ:春夏秋冬理論イントロダクション講座テスト開催/玉川一郎誕生会

○3月度:3/25(日)
テーマ:フォトリーディング小説熟読法テスト開催

講座の詳細、受付はこちら

 

■最後に・・・

この間彼女と一緒に「ロッキーホラーショー」というロック・ミュージカルの舞台を観に行ってきました。

空飛ぶモンティパイソン」というテレビ番組の中で紹介されて映画版を観たのが中学1年の時。それ以来映画は何度観たか分からないほどです。

めちゃくちゃカルトな話で、女装の宇宙人オカマはでるわ、人造人間は出るわで彼女は目を白黒させていました。

知り合いの俳優が出ているので今週もう一度観に行きます。この間はちょっとおとなしく観ちゃったので、今度はしっかり騒ぎたいと思っています。

今日も最後まで読んで下さりありがとうございました。またお会いできるのを楽しみにしています。

玉川一郎

■□■――――――――――――――――――――
玉川一郎/(株)たまいちコーポレーション

WEB: http://tama-ichi.com
facebook:http://www.facebook.com/IchiroTamagawa
mail: info@tamaichi.info

●事務局受付 12:00-16:00(火曜日を除く平日)
〒136-0071
東京都江東区亀戸6-57-22 平塚ビル3F
TEL:03-5858-6100  FAX:03-5858-6104
―――――――――――――――――――――――
【フォトリーディング】募集中の講座

○6時間再受講クラス 2/19(日)
○無料説明会 3/24(土)19時~
○エグゼクティブ講座 5/3(木・祝)-5(土)

―――――――――――――――――――――――
【マインドマップ】募集中の講座

○無料公開講座 2/17(金)19時~
○「講義録」実践講座  2/18(土)
○フル活用2日間講座 3/17(土)-18(日)

―――――――――――――――――――――――
【全脳思考モデル】募集中の講座

○マスター講座        3/31(土)-4/1(日)

―――――――――――――――――――――――
【玉川一郎パーソナル・コンサルティング】

○2/20(月) 12時 14時 16時
○2/29(水) 12時× 14時 16時

―――――――――――――――――――――――
【たまいちブートキャンプ】募集中の回

○2/26(日)
春夏秋冬理論イントロダクション講座テスト開催/
玉川一郎誕生日&披露の会

○3/25(日)
フォトリーディング小説熟読法のトライアル講座

――――――――――――――――――――□■□

 


category: 近況