ϺΥ֥

神田昌典さんのブレインスター通信にインタビューされました(2)

2013/04/06

□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Brain Star Magazine ━━

 + ブレインスター通信 +           不定期配信

  2013.03.28        http://www.almacreations.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■■
 ブレインスターたちに創造力を湧きおこさせる、行動的メールマガジン。

       -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

こんにちは、ユウキ咲彩(さや)です。

振り返ってみると、2008年以来の出来事です。

この度 5 年ぶりに 3 人の新しいインストラクターが
4 月から、ぞくぞくデビューいたします!
パチパチぱちぱち~♪

フォトリーディングのインストラクターになるための
それはそれは、キビシイ道のりを超えた ―

新インストラクターに講座でお会いした方は、
バシバシ暖かい質問をぶつけまくってやってください。

どんな質問にも答えられるトレーニングを積んだ成果が、
答えとして返ってきますよ。

◆目次◆______________________________________________

[1] 今週のブレインスター : 玉川 一郎さん ≪後編≫
┗ マインドマップは“思考の計算用紙”
[2] 神田の突撃インタビュー
┗ 進化したFAX DMで一気に逆転
[3] 神田昌典 UPDATES(今後の講演会・セミナー予定など)
[4] あとがき(ウチくる!?)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 今週のブレインスター : 玉川 一郎さん ≪後編≫
   ~ マインドマップは“思考の計算用紙”
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪今週のブレインスター≫ 玉川 一郎 さん
これからを生き抜くアプリケーションとして、
フォトリーディング、全脳思考、マインドマップを捉え、
受講生と自らのビジネススキルを引き上げ続けている、
玉川 一郎 さんに、突撃インタビュー≪後編≫です!

——-
咲彩:
玉川さんは、マインドマップ歴 30 年、、
おそらく日本で一番のマインドマップ実践者です。
そのご経験から、すばりマインドマップとはなんでしょうか?

——-
玉川さん:
マインドマップは、
思考の筆算(ひっさん)をして整理する ―
“思考の計算用紙”だと思っています。

たとえば、多くの人は、暗算しながら、
アイデアをだそうとします。
でも、マインドマップで筆算して、
思考を見える化すれば、
暗算でだした最高のアイデアを、
軽く超えることができるんです。

——-
咲彩:
“思考の筆算”に、“思考の計算用紙”。
独特の言語化でとてもイメージが膨らみます!
もう少し、具体的にどういった使い方をされているのかを、
教えていただけますか?

——-
玉川さん:
たとえば、フォトリーディングをして、
そこから得た知恵や知識を記憶を定着するために、
マインドマップを活用されている方も多いと思います。

私が、本のマインドマップを描くときには、
本の内容ではなく、
本を読んで自分で考えたことを描きます。

講演会を聴いて、マインドマップでメモするときも、
聴いた内容をどうつなげていくかを考えて描くんですね。

すると、講演内容について、
すでに一度自分のなかで考えて、
マインドマップにメモしていますので、
記憶の入り方が全然違うんです。

——-
咲彩:
どちらも“自分で考える”ということがキーですね。
玉川さんの講座にファンが多いのは、
そういった地に足のついたマインドがあるからなんですね。

——-
玉川さん:
たとえば、マインドマップを描いた枚数は関係ないんです。
大切なのは、描くことでどういったパフォーマンスができたか。

もっと言ってしまえば、
マインドマップ、それだけではなく、
フォトリーディングや全脳思考もそうですが、
そのスキルを身につけて、何をするかですからね。

——-
咲彩:
あっ!玉川さんの講座に参加されて、
出版されたり、テレビにでるようになったり、
講師になったりと、人生が飛躍する人が多いのは、
そういった想いが確実に伝わっているからなんですね。

——-
玉川さん:
そうだと、とてもうれしいです。
私は、受講生の方限定で、
「たまいちブートキャンプ」という企画を
月に 1 回開催しているんですね。

そこで最後にお話しする、
私の赤裸々な“たまいちナウ”を
聴きにくる人も多いので、もしかしたら、
私の想いは少しずつ伝わっているのかもしれませんね。

——-
咲彩:
“たまいちナウ”気になりますね~。
では、いまこの瞬間、今後講座に参加される
読者の人に伝えたいことを最後にお聴きできますか?

——-
玉川さん:
うまくつなげていただいて、ありがとうございます^^
そうですね。ひと言でいうと、“出会い”ですね。

私は講座で『一期一会の全力投球』を徹底しているのですが、
それは、出会いを大切にしたいという想いからきています。

講座に参加される方は、スキルを求めてだと思いますが、
スキル以上に、そこで出会う人のつながりが大切だと、
つくづく感じています。
だって、同じ方向をみて、自分自身を磨いている
意識の高い人と出会えるんですから。

将来、飛躍する人と人間関係をつくれる、
もっとも手っ取り早い場が、講座だと思っています。

スキルの習得はもちろん、
“出会い”も意識してご参加いただくと、
想像以上の価値を受け取れると思います!

——-
咲彩:
“出会い”
シンプルですが、玉川さんが語ると、
すごく深みのある言葉になります。

今日は、貴重なお話しありがとうございました!

——-
玉川さん:
こちらこそ、ありがとうございます。
楽しかったです。

——-


category: その他