ϺΥ֥

第95回フォトリーディング講座

2013/11/07

先週末の連休でフォトリーディング・エグゼクティブ講座を開催しました。

エグゼクティブ講座としては15回目です。
集中講座も含めた私のフォトリーディング講座はこれで通算95回目になります。
あともうちょっとで100回ですね。

 

DSC05090s-

フォトリーディング・エグゼクティブ講座はアメリカと同様3日間で実施します。
フォトリーディングの本の原著と日本語版の違いから初日は始まりました。

 

DSC05097s-

速読とフォトリーディングとの違い。
それは「単に本を読む」のか「本によってスキルを向上させる」のかの違いです。

 

DSC05112s-

フォトリーディング独自の目の使い方、フォトフォーカス。
本を「観る」という今までにない体験を味わっていただきます。

 

DSC05127s-

初日はフォトリーディングの5ステップを詳細に理解することが目的です。

 

 

二日目はフォトリーディングを使った本の理解がテーマです。
前日にやったステップがどのように機能するのかを確認していきます。

 

DSC05146s-

フォトリーディングで何が起こっているのかを知っていただきたい。
そのためにオリジナルのスライドを大量に追加しています。

 

DSC05152s-

エグゼクティブ講座は日程に余裕があるので質問はいつでもお答えします。
納得できるまで、そして質問がなくなるまで先に進みません。

 

DSC05153s-

通常講座では紹介のみしかできないダイレクトラーニング。
エグゼクティブ講座では実際にチャレンジしていただきます。

 

DSC05167s-

フォトリーディングは速読だけじゃなくて熟読にも活用します。
このように本の種類に応じて詳細に処理方法をお伝えしています。

 

 

三日目はエグゼクティブ講座のみのスペシャルコンテンツが目白押しです。

 

DSC05179s-

まずは英文のフォトリーディングにチャレンジしていただきます。

 

DSC05195s-

フォトリーディングの本質は「1を聞いて10を知る」姿勢を求めるかどうかにあります。
そのためにあらゆる可能性を追求して作られたのがフォトリーディングです。

 

DSC05197s-

私は中学時代から年間100冊ぐらい、それも小説ばかり読んでいました。
それで学校の成績が上がり、今日につながっています。

 

DSC05207s-

小説に使えない方法を私は読書法と認めません。
私が一番フォトリーディングを使っているのは小説なのです。

 

DSC05221s-

講座の最後にフォトリーディングを活用する決意を表明して、修了証書授与式になります。
絶対にフォトリーディングせざるをえない「ある秘密」がプラスされて三日間の修了です。

 

 

今回参加された方のアンケートの一部をご紹介します。

「最初疑いを持っていましたが、フォトリーディングにより読書の効率化がはかられ、潜在意識に記憶された情報の活用法として有効であることに驚き、また納得しました」(五十嵐大介さん)

「今まで他のセミナーで内容が良くてもインストラクションに不満を感じることが多かったのですが、今回の講座は本当に楽しんで勉強ができて大満足でした。玉川先生の講義を受けていると、自分自身も前向きに、笑顔が多くなる気がしました」(老人ホーム管理  M.Kさん)

「非常に有意義でした。この3日間が私の人生を変えるきっかけになりそうです。ありがとうございました」(システム会社CS H.Sさん)

IMG_4469

マインドマップ・フル活用2日間講座も受けてくれた方の講義録マップ

 

 

次回は来年一月開催で、すでに募集が始まっています。詳細はサイトをご覧下さい。

フォトリーディング・エグゼクティブ講座
2014年1月11日(土)~13日(月・祝)

講座の内容を確認したい方のための無料説明会も毎月実施中です。

フォトリーディング無料公開講座
11月27日(水)19時~21時
12月18日(水)19時~21時