ϺΥ֥

photoreading:『能率手帳の流儀』

2014/03/22

能率手帳の流儀

 

これまでわたしの仕事は定期的にセミナーを開催しているだけだったので、カレンダータイプの簡単なスケジュール帳とGoogle Calendar で十分間に合っていました。

ところが最近仕事が激変。他の人が実施するセミナーの制作や、その戦略策定などが増えてきました。すると時間単位でミーティングが入るようになり、スケジュールがぐちゃぐちゃになって、ダブルブッキングがたびたび起こってきました。

ここはひとつ仕切り直しをしようと考え、かつて長年にわたって使っていたベーシックな能率手帳を復活させました。するとようやく仕事が目に見えてくるようになり、混乱が収まりました。

どうせ使うなら活用したい、ということでこの本をフォトリーディングしました。

スケジュールの活用はあまり変わったことは書いてありませんが、手書きの効用、振り返りと夢リストとしての手帳の活用という考え方は大変参考になりました。

 

→フォトリーディングして描いたマインドマップはこちら

『能率手帳の流儀』の読書マインドマップ