ϺΥ֥

マインドマップは見返さなくていい

2018年4月18日

おはようございます。玉川一郎です。

平成30年4月18日の水曜日。
雨がしとしと降っています。
朝はおもったより寒かったです。

さすがに土用の不安定な時期。
健康に留意しないといけないですね。
暖かくして過ごします。

昨日は松村潔先生の相性を観る講座。

不覚にもいつものマインドマップノートを
忘れてしまったので
ミニマインドマップ用のポケットノートで
講義録を記録しました。

たまたま隣に知り合いが座っていて
彼女はノートをブロックで仕切り
それぞれに情報を分割して書いていました。

なるほど、この方法も「見返す」には
とても良さそうですね。

ただ、私は見返すためだけにノートを
とっているわけではありません。

内容を単語に分解して
マインドマップで関連付けをすると
脳内に脈絡が生まれます。

これはシナプスの結合といったり
コンテクストの生成といったりします。

神経のつながりができていれば
必要な時に必要な情報は湧き上がってくる。

その状態を作るために
マインドマップでノートを取っています。

うちの講座でよく実験します。

30個の単語をそのまま写したあとに
どれだけ覚えているか。

年齢にもよりますが
2,3個という人も多いです。

その後にマインドマップで
30個の単語を書き出してもらいます。

すると殆どの人が10個以上、
多い人は全部思い出す人がいます。

今まで学習というと
ノートに書き出すということだと
思われている場合が多いですが

ノートに書き出しただけでは
ほとんど記憶されない。

だからカードなどを使って
一所懸命覚えなくてはいけないのです。

ちゃんとしたマインドマップの
描き方を知っていれば
結果がまるで違ってきます。

一瞬となりのノートに憧れた私でしたが
今朝は我に返った次第です(笑)

マインドマップに36年前に出会ってから
他にもさまざまなノート法を試してきて
最終的にこの方法が一番私に合っています。

その思いを皆さんにお伝えしなければと
決意をあらたにした朝です。

今日も一日よろしくお願いします。

玉川一郎


category: その他

  • 玉川一郎のプロフィール
  • セミナー講師。マインドマップ(学習法)、フォトリーディング(読書法)、フューチャーマッピング(目標実現法)、ジーニアスコード(創造的問題解決法)、アクセラメンツ(加速教授技術)などを教えています。
  • 玉川一郎のブログ
  • ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    4,001人の購読者に加わりましょう

  • セミナールームアクセスMAP
  • 玉川一郎公式メルマガの登録はこちら