ϺΥ֥

芸術よりも教養を楽しむ 『ミケランジェロと理想の身体』展

2018年7月23日

おはようございます。玉川一郎です。

平成30年7月23日の月曜日。
日本各地で今年最悪の猛暑日だとか。

あまりに暑くてベッドパッドを交換。
寝心地が随分良くなった気がします。

今までのバッドが保温効果に
優れていたことがわかりました(笑)

昨日は国立西洋美術館で
『ミケランジェロと理想の身体』展を鑑賞。

うちのセミナールームの名前
<ダヴィンチカフェ>にもありますように
ルネサンスの芸術は大好きでして。

なかでも一番優れていると思うのが
ミケランジェロです。

今回は40体現存する彼の彫刻のうち
2体が来日するとのことで馳せ参じました。

入場口でやっているビデオ映像で
マインドマップを描きながら予習。

入口前のフォトスポットでパシャ。

会場内ではミケランジェロが発掘に参加した
ギリシア・ローマ時代のラオコーン像を
モチーフにして

ルネサンス期の
ヴィンチェンツォ・デ・ロッシが作った像が
展示されていて

ここだけ撮影することができます。
2m位の高さで迫力あります。

目玉のミケランジェロの作品
<ダヴィデ=アポロ>像は未完成のままと
いうことで削り跡がありありと残っています。

もう一つ<若き洗礼者ヨハネ>像は
スペイン内戦で破壊されたものを
残骸を使って近年修復されたものが初来日。

正直言ってミケランジェロの芸術性を
味わうには不足した内容で
珍しく図録も買わずに出てしまいました。

でもミケランジェロの生涯、
作品の背景などを知るためには
貴重な情報が満載でした。

芸術を味わうよりは
教養を高めるのに役立つ展覧会ですね。

やや満たされない気持ちで西洋美術館の
常設展に初めて足を踏み入れると

そこにはモネやルノアールのすばらしい
作品がいくつも展示されていて感動。

これを使えば特別展もできそうな内容でした。
しかもここは撮影OKなので嬉しかったです。

幸せの青い鳥を探しに行ったら
眼の前にいつもあった。
そんな気持ちになりました。

実はこの後、TOHOシネマズ上野へ移動して
公開が始まったばかりの『ミライの未来』を
観たのですが、その衝撃のほうが大きくて。

その感想はまた別にアップしますね。

さあこれから楽しんで仕事します。
今日も一日よろしくお願いします。


category: その他

  • 玉川一郎のプロフィール
  • セミナー講師。マインドマップ(学習法)、フォトリーディング(読書法)、フューチャーマッピング(目標実現法)、ジーニアスコード(創造的問題解決法)、アクセラメンツ(加速教授技術)などを教えています。
  • 玉川一郎のブログ
  • ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    4,001人の購読者に加わりましょう

  • セミナールームアクセスMAP
  • 玉川一郎公式メルマガの登録はこちら