ϺΥ֥

さそり座的『未来のミライ』解説

2018年7月24日

おはようございます。玉川一郎です。

平成30年7月24日の火曜日。
曇り空で少し過ごしやすい朝です。

愛知県西尾市のクライアントを
訪問指導するために、ただ今
新幹線で名古屋へ移動中。

 

出発前にフラペチーノ買いましたが
新幹線内は冷房効きすぎで寒いです。

さて、一昨日鑑賞した映画
『未来のミライ』について。

妹のミライちゃんが生まれた
4歳児のくんちゃんは
お母さんを取られちゃだと思い

「ミライちゃん、好きくない!
お母さん、好きくない!
お父さん、好きくない!!」

あらゆることに反抗し
スキあらばミライちゃんを
新幹線のおもちゃで打とうとする。

そこに、中学生になった
未来のミライちゃんが登場してきて。。。

というお話の映画です。

うちの甥っ子と姪っ子の関係が
これとほぼ一緒で

姪っ子が生まれた時から
2人を見てきた私からすると

ある!ある!超リアル!!!

あまりに見事に描けているので
上映中感激しまくっていました。

そのリアルさの一方で
時空を超えた体験を通して
くんちゃんが成長して行く。

そんな4歳児の内面世界を
ファンタジーで描き出しました。

かつて宮崎駿監督が
孫に見せたくて『丘の上のポニョ』を
製作したと言っていました。

ポニョは老いも若きも人間も魚も
渾然一体となって不思議な世界を
描き出す魚座的映画。

そこには成長はなく
子供の一夜の夢のような冒険譚。

一男一女の親である細田守監督は
『未来のミライ』で子どもの成長を
描いています。

そして成長の鍵となっているのが
家族、血縁、DNAと歴史の繋がり。

くんちゃんはファミリーの
現在過去未来を旅しながら
自分の中の母を、先祖を感じ
妹との繋がりを感じ
お兄ちゃんになって行く。

魂の継承とはさそり座のテーマ。
まさに木星さそり座時代の今に
ピッタリ!!

今このタイミングで観ることで
時代を俯瞰する目を、感覚を、
得ることができてしまいます。

そして親の、先祖の、子どもの、
気持ちに共感し、人間理解の力を
高めてくれる素晴らしい映画です。

後でビデオになって観るのは
もったいないですよ。おススメです。

さて、そろそろ名古屋に着きます。
しっかりお仕事してきますね。

今日も一日よろしくお願いします。


category: その他

  • 玉川一郎のプロフィール
  • セミナー講師。マインドマップ(学習法)、フォトリーディング(読書法)、フューチャーマッピング(目標実現法)、ジーニアスコード(創造的問題解決法)、アクセラメンツ(加速教授技術)などを教えています。
  • 玉川一郎のブログ
  • ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    4,001人の購読者に加わりましょう

  • セミナールームアクセスMAP
  • 玉川一郎公式メルマガの登録はこちら