ϺΥ֥

星や月をiPhoneでキレイに撮る方法

2018年11月4日

こんにちは。玉川一郎です。平成30年11月4日の日曜日。少し曇ってひんやりとした朝でした。

今日は家族でボウリング。埼玉上里のROUND1にやってきました。

お盆に来た時には気合入れてマイボール持ってきたのですが大したスコアが出なかったので、今回はハウスボールで気合を抜いて遊びました。

ボールはなんとかコントロールできたのですが、つらかったのはシューズの方です。

マイシューズは右足が蹴れるように滑らなくなっています。ハウスシューズは両足とも滑るようになっているのです。

一投目で踏ん張りが効かなくて、腰をぐき!危うくギックリ腰やるところでした。

そのうち慣れてきたらスコアもまともになって、家族6人で3ゲームやって、全部1番!!面目が立って良かった〜。

それにしても、マイボールでもハウスボールでもそれほど変わらないっていうのはどういうこと?(苦笑)

それでは今日のお役立ち情報。

昨日の朝、三峰神社の宿坊の窓からオリオン座を撮影しましたが、このとき使ったiPhoneアプリが『星撮りカメラくん』(無料)です。

これはカメラのシャッタースピードを遅くすることで星を写るようにしています。カメラを星の向きに固定してシャッターを押すだけ。

この写真はデフォルトの3s(3秒露光)で撮ったものです。

月は明るすぎるのでこのアプリではなく『月撮りカメラさん』(無料)を使います。こちらは少し工夫が必要。

月に向ける

「ズーム」をタッチして拡大率を決める

「ピント微調整」をタッチしてピントを合わせる

「明るさ」をタッチして月の模様が見えるように露出を調整する

必要なら「ホワイトバランス」を調整して好みの色にする

あとは手持ちで画面が多少ブレてても構いません。月が真ん中に来たところでパシャ!

スマホ用のズームレンズを付けるとさらに鮮明に撮れますが、ダブルレンズのスマホの場合は結構難しいです。私はシングルレンズのiPad Air2をよく使います。

iPad Air2にスマホ用レンズを装着して撮影したもの

今は新月に向かう時期なので月撮りには向きませんが、その分星座を撮るのにはいいですね。

私は中学高校と写真部に入っていましたが、月や星がこんなに簡単に写せるなんて当時は考えられなかったことです。

キレイな夜空の写真を楽しんでください。

それではまた!


category: その他

  • 玉川一郎のプロフィール
  • セミナー講師。マインドマップ(学習法)、フォトリーディング(読書法)、フューチャーマッピング(目標実現法)、ジーニアスコード(創造的問題解決法)、アクセラメンツ(加速教授技術)などを教えています。
  • 玉川一郎のブログ
  • ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    4,001人の購読者に加わりましょう

  • セミナールームアクセスMAP
  • 玉川一郎公式メルマガの登録はこちら