ϺΥ֥

英語を玉川一郎が真剣に勉強します

2012/10/01

昨日、月例の玉川受講生勉強会・たまいちブートキャンプを開催しました。

折からの台風情報で夕方には関東が暴風雨圏内になると予想され
「どれだけ受講生が来てくれるかな?」
正直のところ、大量欠席を覚悟していました。

ところがフタを空けてみると
前日までにご連絡いただいた方を除くと欠席者ゼロ。

熱心な受講生の皆さんにお会いできて嬉しかったです。

 

さて、昨日のテーマは『TOEIC受験対策パート1』

私事ですが来年1月にTOEICを初受験することにしたんです。
それで受講生を巻き込んでしまおうかという企画(苦笑)

いままで英語を勉強することにはあまり関心がありませんでした。
旅行程度での日常会話はなんとかできるし、昇進に関係ないし...。

 

実はフォトリーディングやマインドマップについて
最近思うところがありました。

マインドマップもフォトリーディングも加速学習ツールです。
受講生の皆さんはこれをスキルアップすることを目指します。

 

でも。。。

 

たとえば大学受験する時、教科書を読むための速読法やノート法、
記憶術を学んだとしましょう。

それぞれのスキルを高めるのにどれくらい時間をかけるか?

私だったらスキルを学んだらすぐに勉強に使うでしょう。
趣味じゃないんですもの。

 

そろそろスキルをただ磨くのは止めにしてもらいたいと思っていました。
では何を勉強するために使えばいいのか?

私自身はともかくとして多くの方の共通の関心であり
おそらくニーズも高いのが英語学習でしょう。

だから英語学習にこれらのスキルを実際に使ってもらうことで
いままで学んだ力を実用的に活用してもらおうと考えたのです。

 

今回は私が受験勉強のときに特に力を入れたこと。

「どのように勉強するか?」
「何のために勉強(受験)するか?」

これを明確にするためのワークショップを実施しました。

まず勉強法の本を各自フォトリーディングし、活性化した内容をグループシェア。


ワールドカフェでメンバーをシャッフルし、考えたことを対話を通じて深めてもらい、
最後に各グループの成果発表。


つぎに社労士受験をマインドマップとフォトリーディングの活用で突破した原田真吾講師にお願いし
受験するための目標、マインドセットをマインドマップに描きました。


最後は恒例のたまいちナウ。
私がここ1ヶ月間に読んだ本、参加したセミナ―、考えたことなどを近況報告です。

今回『選択の科学』『読書の技法』『無意識と社会心理学』『僕がアップルで学んだこと』などを
フォトリーディングして考えたこと、U理論入門セミナーを受講して印象に残ったことなどをシェアしました。

参加された方のアンケートの一部をご紹介します。

「資格取得に当たり必要な目的・未来像をつくるワークが良かったです。たまいちナウの最後に話されたように、私も未来の知を支えたいです」(塚良知さん)

「毎回良い意味でショックを受けています。今回も単なるTOEICに関する内容にとどまらず、期待を大きく上回る情報や気づきをいただくことができました」(福廣匡倫さん)

「TOEIを受ける上での目標設定等が学べて良かった。マインドマップやフォトリーディングを活用して得点をとっていこうと思います」(鶴見慎吾さん)

「英語学習以外にも役立つ考え方、やり方を知ることが出来、有意義でした。基礎を身につけようと思いました」(上野峻之さん)

「たまいちブートキャンプに参加すると、フォトリーディング、マインドマップ、全脳思考をもっと使いたいという気持ちになります」(寺田一通さん)

「気づきをもらいました。マインドマップすごい!!ビジネスマンの学習塾ぜひ生徒になりたいです」(大野明美さん)

 

内容は受講生限定なので詳しくはご紹介出来ないのが残念です。
(ぜひ私のフォトリーディングやマインドマップ、全脳思考の講座にご参加くださいね)
さて、次回はいよいよ英語講師を招いて実際に英語学習を実施します。

 

【10月度たまいちブートキャンプ】

10/28(日)12時~18時

主な内容

  • 簡単な文法の復習
  • 英文の構成の特徴チェック
  • TOEICの過去問のチェック
  • 高速ヒアリング
  • リピーティング
  • シャドウィング
  • 自宅での練習法

今回参加出来なかった方もOKです。
受講生の皆さまはぜひ次のたまいちブートキャンプもご期待下さい。